ながら運転はスマホとカーナビも対象!どこまでが罰則対象なのか調べてみました!

トレンド

2019年12月1日から施行された
「ながら運転」の厳罰化について
どこまでが対象なのかを調べてみました。

 

ながら運転罰則の対象
・携帯電話を持って通話する(ハンズフリーは可)
・携帯電話を注視する(2秒以上)
・カーナビを注視する(2秒以上)
・ハンズフリーイヤホンの使用(条例によって禁止)

 

結論
「ながら運転」は絶対にやめよう!!事故を起こしてからでは遅い!!

「ながら運転」で罰則の対象になる事

 

大前提として携帯だけでなく、カーナビ等も対象となる

これは今回調べていて、ちょっとびっくりというか
知らなかったのですが
カーナビも対象になる事です。

カーナビって普通に運転中に操作するし・・・
と思って平気かと思ってましたが
ダメなんですね!

それを踏まえて対象事例をあげていきます。

 

携帯電話を持って通話する

これは当たり前ですよね!!
以前から言われていた事です。

電話を持って通話などの操作をするのは違反になります。

 

携帯電話・カーナビを注視する(2秒以上)

これは主に、携帯のゲームやメール、カーナビの操作を
行う時に適用される違反になると思います。

警視庁のHPだと「注視」を違反とし
厳密に何秒との記載はありませんでした。

警察への取材と思われる記事に載っていたので
特に携帯を運転中に見るのはやめましょう!!

 

携帯ホルダーの携帯は?

今回の「注視」が適応される一番大きい所は
「携帯ホルダー」なのかもしれません。

携帯ホルダーに置いてある携帯も「見れば」
「注視違反」の対象になると思います。

 

なぜ2秒?

「政府広報オンライン」から抜粋した図ですが
1秒で車が進む距離です。

単純に時速40キロで2秒目を話すと
20m程進みます。

20mも何も見ずに進む事を考えたら
めちゃくちゃ怖いですよね?

この辺りが2秒以上というルールの元なのかな
と思います。

ハンズフリーイヤホンの使用(両耳・条例によって制定)

ハンズフリーイヤホンの使用を両耳で行うのも罰則の対象に
なっています!!

これは両耳が塞がり「周囲の音」が入らないから
とうのが理由になってます。

片耳でならOKの様ですが
これも警察官の判断による所もあるので
気を付けましょう!!

ハンズフリーイヤホンの使用が禁止されている都道府県(2019年12月現在)
北海道 / 宮城県 / 福島県 / 新潟県 / 茨城県 / 群馬県 / 千葉県 / 埼玉県 / 東京都 / 神奈川県
山梨県 / 長野県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 奈良県 / 和歌山県 /
滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 岡山県 / 鳥取県 / 香川県 / 徳島県 / 高知県 / 愛媛県 / 福岡県 /
大分県 / 長崎県 / 宮城県 / 鹿児島県 / 沖縄県

停車中は大丈夫?

道交法によると「自動車等が停止しているときを除き」
と記載されています。

なので基本的には携帯やカーナビを操作するのは
車を停めてからにしましょう!!

赤信号は?

赤信号も一応「停止している時」に当たるようですが
確実に注意は受けると思います。

少しでも動いた時点で違反対象になるので
赤信号で使うのもやめましょう!!

 

罰則の厳罰化について!!

一応罰則がどう厳罰化されたかも書いておきます。

これも「政府広報オンライン」から抜粋した図ですが
基本的には罰則が3倍になってます。

「交通の危険」に関しては1発で免停になるので
気を付けるというより止めましょう!!

「交通の危険」は事故を対象としているようですが
未遂なども対象になりかねないので止めましょう!!

 

「ながら運転」は絶対にやめよう!!

「ながら運転」によって死亡する交通事故が
最近よく取り上げられています。

特にゲームをしながらというのが話題になりました。

交通事故で家族・友人を無くした人の気持ちは
やりきれない思いで一杯でしょう。

事故を起こした方も「軽い気持ち」
携帯を扱い自己を起こし
「深い後悔」を味わってます。

車は凶器という事を頭に置き
「ながら運転」は絶対に止めましょう!!

トレンド

Posted by hyanasan